[3rd year] ECKHART GARDEN 28-36 / 2022.4-12

…………………………………

ECKHART GARDEN 28 / エックハルトの庭28
poem + design + space dance + story
2022.4

[Poem; LOVE / 詩; 愛]

In a dream. I am left alone on a certain planet. Now, dreaming a shared life with my lost prematurely dead girlfriend, Elena, I am making an effort to build a “ECKHART GARDEN / Shrine with Alone” by myself everyday without knowing that she will come to this planet tomorrow.

夢の中で。ある惑星に一人残された私は、早死にした恋人エレナとの生活を夢見て、毎日一人で孤独に『エックハルトの庭 / 一人の神殿』の構築に励んでいる。彼女が明日ここにやって来ることも知らないで。

■DESIGN / デザイン
“Water Wings / 水の翼”

■SPACE DANCE /スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 28 – Open a Body in the Sky”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース28 – からだを空にひらく

■STORY / 物語
“About LOVE / 愛について”

…………………………………

ECKHART GARDEN 29 / エックハルトの庭29
poem + design + space dance + story
2022.5

[Poem; Fluctuation / 詩; ゆらぎ]

When I dance a “Fluctuation” will come up in a Space. The audience sees me as a dancer who lives in a Space and see me as a dancer who dances as a Space. There, a Space moves with a “Fluctuation” together with my movements. Extra Dimension appears into this “Fluctuation” in a Space, so I am dancing while I am bringing Extra Dimension into our world. At last the audience starts to think about me, I exist both into our world and into Extra Dimension same time as a double-existence.

私がダンスすると、空間に「ゆらぎ」が生まれる。観客は、空間に住み、空間としてダンスしている私を見ている。そこでは、空間が、私の動きと共に、ゆらぎつつ動いている。余剰次元はこの空間の「ゆらぎ」に現れる為、私は余剰次元をこの世界に引き込みつつダンスしている。そのため、観客には、私が現実の世界と余剰次元に同時に存在しているようにダブって見える。

■ DESIGN / デザイン
“Shape of Extra Dimension / 余剰次元の形”

■ SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 29 – Extra Dimension”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース29 – 余剰次元

■ STORY / 物語
“We also live in Extra Dimension? / 私たちは余剰次元にも住むのか?”

…………………………………

ECKHART GARDEN 30 / エックハルトの庭30
poem + design + space dance + story
2022.6

[Poem; Kibe is Crying / 詩; キベが泣いている]

When I was playing in Space Tube, I met Kibe, who claims to be a clan of lost animals. Kibe who was born half as a monkey and half as a human by genome editing. He is crying, because he doesn’t want to live in our world and wants to go to Extra Dimension and become a pure monkey. But Kibe doesn’t know how to do it.

私がスペースチューブの中で遊んでいると、元・失われた動物たちの一族と名乗るキベに出会った。キベは、ゲノム編集で半分はサル、半分は人間として誕生させらた。もう私たちの世界では生きたくなく、余剰次元に行って純粋なサルになりたいと言って泣いている。でもキベにはどうすればそれが出来るのか、その方法がわからない。

■DESIGN / デザイン
“Strange Fruit / 奇妙な果実”

■SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 30 – Strange Fruit”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース30 – 奇妙な果実

■STORY / 物語
“Resident in Surplus Dimension / 異界の住人・キベ”

…………………………………

ECKHART GARDEN 31 / エックハルトの庭31
poem + design + space dance + story
202
2.7

[Poem; Fluid Furniture / 詩; 流体家具]

I saw a strange sight at the entrance of “Surplus Dimension“. Because humans and chairs melted into each other, forming a strange one. When I look closely, there are many such combinations. Do human bodies and things change in Extra Dimension? I timidly held out my right hand as a test, then stardust, it was a memory when I was three years old, flew into my eyes as soon as I opened the bathroom window in the middle of the night, and my missing dog that I had in my boarding house when I was a university student suddenly disappeared one day, and my favorite grandfather who sat on his favorite armchair, all rushed towards me, and before I knew it, they became one with my body. Surrounded by nostalgic things, my brain went numb and I felt happy. And, when I saw my body in full, I knew my body was also created as a synthesis of me and a strange bird.

私は「余剰次元」の入り口で不思議な光景を見た。人間とイスがお互いに向って溶け出し、奇妙な一体形をつくっていたからだ。よく見ると、そんな組合わせが沢山あった。余剰次元では人間の身体もモノも変化するのか? 試しに自分の右手を恐る恐る差し出すと、3才の時の記憶で夜中にトイレの窓を開けた途端に私の目に飛び込んできた星屑と、大学生の時下宿で飼っていて或る日突然いなくなった愛犬と、愛用の肱掛椅子に座る私が好きだったおじいさんが、皆一緒にサッーと近づいてきて、見る間に私の身体と一つに繋がった。私は懐かしいものに囲まれて脳が痺れてしまい、とても幸福な気分になった。そして、よく見ると、私の身体も私と奇妙な鳥の合成としてつくられていた。

■DESIGN / デザイン
“Strange Furniture / 不思議な家具”

■SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 31 – Fluid Furniture”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース31 – 流体家具

[STORY / 物語]
“Ability of Looking Objectively”/ 「客体視」という能力

…………………………………

ECKHART GARDEN 32 / エックハルトの庭32
poem + design + space dance + story
2022.
8

[Poem; Please, get up / 詩; さぁ、起きて]

Elena was quietly sleeping. Oh, my nostalgic face. And lost animals, dead people, and the alien were also sleeping together. Finally I could find my lost girlfriend. “Please, get up and revive as my wife!” Elena awoke up slowly and greeted me with a familiar smile. Then she stood up quietly and for me she began a most sympathetic and most bewitching dance in the world. I have never seen such a beautiful dance.

エレナが静かに眠っていた。懐かしい顔。失われた動物たちや、死者たちや、異星人たちも一緒に眠っていた。私の失われた恋人。「さぁ、起きて、私の妻として復活して!」 エレナがゆっくりと目を覚まし、私を笑顔で迎えてくれた。そして静かに立ち上がり、世界でもっとも優しく、もっとも妖艶なダンスを始めた。私はこれほど美しいダンスを見たことがない。

■DESIGN / デザイン
“They Encounter / 彼らが出会う

■ SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 32 – Affinity”

スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース32 – 親和性

■ STORY / 物語
“The forest is burning / 森が燃えている”

…………………………………

ECKHART GARDEN 33 / エックハルトの庭33
poem + design + space dance + story
2022.9

APAROS memorizes and reproduces my dance, and awakening my subconscious desires. Every time when I dance, APAROS continues to grow as my “Alter Ego“. I wear APAROS as a robot suit, sit up straight with a mind, and slowly stand up.

アパロスが私のダンスを記憶し、再現し、私の潜在意識に眠る願望を呼び覚まし、私が夢の中でしか出来なかったダンスを踊ってみせる。私がダンスする度に、アパロスが私の「分身」として成長する。私は、アパロスをロボットスーツとして着込み、心して正座し、ゆっくりと立ち上がる。

■ DESIGN / デザイン
“BIRTH of APAROS / アパロス誕生”

■ DANCE / ダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 33 – Standing ZEN”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース33 – 立上がる禅

■ STORY / 物語
“Declaration of Future / 未来宣言”

…………………………………

ECKHART GARDEN 34 / エックハルトの庭34
poem + design + space dance + story
2022.10

[Poem; Someday in the Universe / 詩; ある日、宇宙で]

The humans are expected to face the new evolutionary possibility in space environment. At that time, it is important what kind of posture creation can be realized. Because “Posture is Mother’s womb for creating Cultures“. My body expands and deforms with Elena between 0 gravity and 1 gravity, and repeats the simulation of “Post-human Posture.”

宇宙環境で人間は新しい進化の可能性に直面する。その時、どんな姿勢創造を実現できるかが重要になる。姿勢は文化創造の母胎だからである。私の身体は、0Gと1Gの間で、エレナと共に膨張し、また変形し、「ポスト人間の姿勢」のシュミレーションを繰り返す。

■ DESIGN / デザイン
“Diverse Creations of Posture / 多様な姿勢創造”

■ SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 34 – Walking Dance 2”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース34 –
 ウォーキングダンス2

■ STORY / 物語
“Girl Dancer in Bali / バリ島の少女ダンサー”

…………………………………

ECKHART GARDEN 35 / エックハルトの庭35
poem + design + space dance + story
2022.11

[Poem; Two Souls / 詩; 二つの魂]

What is “Love“? Love is a condition when I am living with a new unified existences, no difference between I and others. A world filled with Love is truly happy, it looks same but quite different. A world lost Love suddenly changes to the emptiness. My and Elena’s two souls melted into one. You live inside me, I live inside you, we will never be apart.

」とは、私と相手との区別が無くなり、一つの塊になった新しい存在の為に私が生きている状態のことだった。愛に満たされた世界は、幸福で、以前の世界と同じなのに、まったく違う。愛を失った世界は、空虚そのものに変化する。私とエレナの二つの魂が一つに溶けた。ワタシの中にアナタが住み、アナタの中にワタシが住み、私たちはもう離れる事がない。

■ DESIGN / デザイン
“What is Love? / 愛とは何か?”

■ SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 35 – Catharsis”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース35 – カタルシス

■ STORY / 物語
“Technique of Love / 愛の技術”

…………………………………

ECKHART GARDEN 36 / エックハルトの庭36
poem + design + space dance + story
2022.12

[Poem; To Space / 詩; 宇宙へ]

I was very surprised with Elena’s speaking. She said that now the dead people plan to get the emigration to the universe together with the lost animals and the alien. They want to leave the earth. Elena already knew that my group was planning a “Space Emigration Plan“. So, she tried to contact with me and she handled Elena as my memory in my brain, then she invited me here. Now I feel I understand a reason why Elena left our world at a young age.

エレナの話しを聞き、私は驚いた。いま死者たちは、失われた動物たちや異星人たちと共に宇宙への移住を計画しているという。彼らも地球を離れたがっているのだ。エレナは私のグループが「宇宙移住計画」を練っていることも知っていた。それで、エレナが私との接触を試み、私の記憶の中のエレナを動かし、私をここに呼び寄せたのだ。なぜエレナが若くしてこの世を去ったのか。いまその理由がわかる気がする

■ DESIGN / デザイン
“Space Emigration Plan / 宇宙移住計画”

■ SPACE DANCE / スペースダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 36 – Flower”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース36 – 花

■ STORY / 物語
“Big Family / 大家族”

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance]